九州大学病院 心臓血管外科

急患用ホットライン
08032132833
0926425046

  • 病棟:0926425563
  • 外来:0926425565

大学院(研究室)案内

心臓移植における心保存法に関する研究

心臓移植は末期重症心不全に対する最も有効な治療であり、本邦でも心臓移植件数は増加傾向です。一方で、心臓移植待機患者は年々増加しており、全世界的にドナー不足が問題となっています。現在本邦で行われているのは、脳死下移植心採取のみですが、海外では心停止下移植心採取(donation after circulatory death: DCD)が積極的に行われ、ドナー不足を補う一助になると注目されています。当研究室では心筋虚血時間の定義、許容虚血時間を明らかにすることを目的として、DCDについて動物実験モデルでの検討を行なっています。