九州大学病院 心臓血管外科

急患用ホットライン
0926425046

  • 病棟:0926425563
  • 外来:0926425565

当科手術の特色

大血管・大動脈

大動脈手術とは

大動脈手術とは、主に大動脈瘤に対する人工血管置換手術を指します。拡張した大動脈瘤は破裂し突然死する危険性があるため、一定以上の大きさに拡大した動脈瘤に対し人工血管に入れ替える手術をいたします。胸部大動脈では5.5cm、腹部大動脈で5.0cmを手術の目安としていますが、形状や拡大速度によっては早期の手術が必要となります。破裂するまでは症状がないことが多く、いかに発見するかが重要になります。喫煙者や高血圧、糖尿病、高脂血症、70歳以上の男性がリスクファクターとなります。

通常の大動脈瘤に対して、突然大動脈の壁が裂けてしまう大動脈解離(解離性大動脈瘤)という病気があります。この病気は、心臓の近くの大動脈(上行大動脈)に解離が及んでいる場合には24時間以内に半数の方が死亡するといわれる大変危険な病気ですので、緊急手術が必要になります。比較的若年者にも発症します。ご家族に大動脈解離の既往がある方や突然死の方がいらっしゃる場合は注意が必要です。

弓部大動脈瘤や急性大動脈解離が大動脈弓部に及んでいる場合などに、弓部大動脈人工血管置換術を行います。弓部大動脈は、頭を含む上半身への血液を送る枝が出ていますので、選択的に脳に血流を送る人工心肺法(選択的脳潅流)を使用しながら手術を行います。動脈硬化の程度によっては、脳梗塞などの合併症が増加します。手術前に、頭や心臓などの十分な精査を行うことが重要です。近年では高齢の患者さんが増加していますが、全身の状態に応じて様々な方法を組み合わせ、最適な方法を選択して行うことによって、手術を受けていただける機会が広がっています。

図1

図1. 造影3DCT画像
遠位弓部および下行大動脈に
大動脈瘤が認められる。

図2. Gore TAGR 胸部大動脈ステントグラフト

図2. 急性大動脈解離のCT写真
上行大動脈、弓部大動脈、
下行大動脈にかけ大動脈壁が
裂け2層に分かれている。

図3. Cook TX2R 胸部大動脈ステントグラフト

図3. 急性大動脈解離の術中写真
どす黒く変色した上行大動脈が認められる。

図4. 弓部分枝再建+ステントグラフト内挿術

図4. 上行弓部大動脈人工血管置換術後の3DCT

治療実績

九州大学病院心臓血管外科では、開設以来600例以上の大動脈瘤手術を行ってまいりました。緊急手術の割合は約15-20%であり、手術死亡率は緊急手術を含めて10%程度ありましたが、徐々に改善してきております。日本胸部外科学会から毎年発表される全国成績を上回る良好な成績を収めています。

病態別手術成績
  患者数 病院死亡数 死亡率
急性大動脈解離 25 2 8.0%
慢性大動脈解離 39 0 0%
真性大動脈瘤 110 2 1.8%
大動脈弁輪拡張症 30 0 0%
仮性、炎症性、感染性 7 0 0%
合計 211 4 1.9%

過去3年間(2015-2017)の治療成績

術式別手術成績
  患者数 病院死亡数 死亡率
上行大動脈置換術 26 1 3.8%
弓部大動脈置換術 55 1 1.8%
ベントール手術 30 0 0%
自己弁温存基部置換術 8 0 0%
胸腹部大動脈置換術手術 7 0 0%
胸部大動脈ステントグラフト 41 2 4.9%
腹部大動脈ステントグラフト 39 0 0%
その他 5 0 0%
合計 211 4 1.9%
緊急度別手術成績
  患者数 病院死亡数 死亡率
緊急手術 33 3 9.0%
予定手術 178 1 0.6%
合計 211 4 1.9%